パンコントマテ

”もちもちの木”に代わるスタッフ憩いのランチ探しが始まりました。

今回はスタジオ徒歩4分のところにあるイタリアンレストランに行ってきました。

ランチメニューは豊富なパスタ・グラタン・ドリア・リゾットの中から一品選んで、プラスでパン・サラダ・デザート・ドリンク・パスタ大盛り等の中から2つ選べるというシステムになっております。

今回スタッフが注文したパスタは他の店ではあまりない太麺で、食べ応え抜群でした。値段は少しお高目ですが味は本格イタリア〜ンです。

今日は”pranzo”な気分の方、一度ご賞味いかがでしょうか?




鉄板バー はち

 今回ご紹介するのは、ON AIR大久保スタジオから駅の逆方向(左手)へ向かうと、すぐに赤提灯が見えてくる「鉄板バー はち」です。

 まずはランチ。(下にメニュー写真があります。)
名物「カレーのっけ焼きそば」、ほどよい辛さのカレーと香ばしい焼きそばのバランスが絶妙の逸品です。

 夜は鉄板焼きの飲み屋になって、ビールとの組み合わせ抜群!しかもスタジオからビールまで最短距離!夜も比較的遅くまでやっているので、昼も夜もオススメです。

ランチメニュー ↓

地獄の担々麺 護摩龍

スタジオ近くの激辛ラーメン、地獄の担々麺 護摩龍に行ってきました

こちらのお店は辛さが五段階でチョイスできます。

辛い物好きとしてはMAXレベルの「無限」にチャレンジしたい所ですが初回でしたのでミドルステージの「阿修羅」をチョイス

阿修羅

甘めでドロっとしたスープで辛さは個人的には美味しく食べれるレベル

辛い物好きとしてはもっといけそうですが顔汗が止まりませんでした

ランチタイムは半ライスが無料で、ドロッとしたスープに浸った挽肉とほうれんでご飯が進みます

卓上の「花椒」「フライドガーリック」「酢」で味変可能

次はもうワンランク上の「血の池」に挑戦したいと思います!

ホームページ
http://gomaryu.com/

地図

N

直久

ここ最近、大久保スタッフで大久保界隈のランチ屋探しをしておりまして、今年はその中から幾つかご紹介させていただくべく第一弾、”直久”というラーメン屋から。

創業100年の歴史を持ちチェーン展開しているこのお店。今回の注文したのは”直久こくうまラーメン塩”、見た目はオーソドックスな感じの支那そば風、予想以上に味も素朴であっさり。某は小学生時代を思い出す古き良き昭和の味としておきます。

 

最近流行の”パンチの効いた”に飽きた方にはオススメのお店なので、スタジオにお越しの際は是非お試し下さい。

BY かじけん

牛スジカレー小さなカレー屋

定期的に食べたくなるものがカレーと思うのですが、大久保スタッフも時々思い出したかのように食べてしまう不思議なカレー屋さんが最寄りにあります。

その名も<牛スジカレー 小さなカレー屋>とある通り、初見では大変見つけにくい店構えになっております。

お世辞にも綺麗なお店とは言い難いのですが、一度食べるともう虜・・・
スタジオに来られた際は是非ご賞味下さい。

https://tabelog.com/tokyo/A1304/A130404/13048031/

通いたくなるラーメン屋

早いもので今年も残り2ヶ月になり、ついこの間までの猛暑が別世界のような過ごし易い日々になりました。
さて食欲の秋という事で今回はラーメンについて。

美味いラーメン屋はたくさんありますが、通いたくなるラーメン屋は実はなかなか無いもんかなと。そんななか大久保スタジオの最寄りに”もちもちの木”という店があり、大久保スタッフも「もちもちが切れてきたーー」「もちもちが呼んでるーー」と各々に理由を口走り時折食べに行っております。

スープは鶏ガラ・豚骨・鰹節がマッチした旨味が絶妙で気付けば某も「小、麺カタ」が口癖になってました。

スタジオにお越しの際は是非一度ご賞味下さい。

http://www.mochimochinoki.com/

浪速っ子 健ちゃん

最寄りのおすすめランチ

大久保スタッフで時々ランチを食べに行くのですが、そんな中スタッフお勧めランチを時々取り上げていきたいと思います。

一見、寿司屋と見間違えそうな佇まいのこのお店”Japanese Noodles 真 ”という名の油そば屋です。太麺に絡む絶妙なスープはあっという間に完食してしまいます。

値段は¥500〜¥3,200となっており、超高額の¥3,200のメニューは何とトリュフ油そば(トリュフ盛沢山)となっております。また5種類の調味料がお好みで入れられる事で自分好みの味付けも可能。

場所はスタジオ徒歩3分程とナイスな距離にありますのでスタジオにお越しの際は是非ご賞味ください。

40代男性スタッフ